安養寺客殿庭園

安養寺本堂,庫裡と道路を挟んで隣接する客殿の周囲は、住宅や工場の密集する地域に位置する。
その周囲とはひと味違った静寂な空気が漂い、訪れる人がここに身を置く時日常とは異なる安らぎと心地良さを感じる場となる事を念頭において作庭した。墓地との境界には瓦土塀を設けている。土塀元来の素朴な質感と味わいを活かしつつ建築との調和を考慮しややシャープな土塀に仕上げた。各所の仕切りに用いている石積は作者オリジナルの「蛇籠積(じゃがごづみ)」である。